コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セリム[1世] セリム

2件 の用語解説(セリム[1世]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

セリム[1世]【セリム】

オスマン帝国第9代のスルタン(1512年―1520年)。激しい気性のため〈冷酷者〉と呼ばれた。1514年サファビー朝イランに侵攻,1516年シリアを攻略,1517年エジプトマムルーク朝を滅ぼした。
→関連項目オスマン帝国スレイマン[1世]トルココーヒー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

セリム[1世]【Selim I】

1467‐1520
オスマン帝国第9代スルタン。冷酷者Yavuzとあだ名された。在位1512‐20年。父はバヤジト2世,母はアイシェ・ハトン。アナトリアのアマシアで生まれた。皇子時代トレビゾンド知事となる。そのころクリム・ハーン国と結んで着々と地盤を固めた。イエニチェリの信望甚だ厚く,彼らに擁立されて1512年父帝を退位させてスルタンに即位した。8年間の短い治世におけるおもな事績は,イランアラブ地域への征服事業であり,14年に行われたシーア派サファビー朝イスマーイール1世に対する遠征では,チャルドランの戦で勝利を収めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のセリム[1世]の言及

【チャルドランの戦】より

…1514年,トルコ東部,ワン湖北東約40kmにあるチャルドランÇaldıran(ペルシア語ではチャールデラーンChālderān)の野で行われたオスマン帝国のセリム1世とサファビー朝のイスマーイール1世との戦い。サファビー朝はシーア派イスラムを国教とし,シーア派イスラム教徒の多数住むアナトリア東部でも政治的・宗教的宣伝活動を展開,そのため同地域では反オスマン帝国の民衆暴動が頻発した。…

※「セリム[1世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

セリム[1世]の関連キーワード財団債権東栄(町)沿岸漁業養殖業平成18年豪雪選手登録FTA・EPAとWTO新大阪石川銀行の増資フェアトレード

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone