コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セルパン セルパンserpent

翻訳|serpent

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セルパン
serpent

楽器の一種。コルネット属の低音楽器で金属製の歌口とへびのように曲りくねった木管の胴体をもち,19世紀初期まで一般に用いられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

セルパン

第一書房から1931年5月に創刊された文芸・文化誌。誌名はフランス語serpent(〈蛇〉の意)で,叡知の象徴である。定価10銭の廉価で新風を呼んだ。当初は福田清人が編集にあたり,堀口大学萩原朔太郎らの作品を多く掲載したが,のち35年に春山行夫が編集を担当してからは海外の作家を積極的に紹介した。エレンブルグ,A.ハクスリー,コクトーマルローサルトルカフカらを日本の読者に親しいものとした功績は大きい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

セルパンの関連情報