コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セレン化水素 セレンかすいそhydrogen selenide

世界大百科事典 第2版の解説

セレンかすいそ【セレン化水素 hydrogen selenide】

化学式H2Se。同族の硫化水素H2Sとよく似た無色で悪臭のある猛毒の気体セレンとアルミニウム粉末をマグネシウムリボンの火を用いて反応させてセレン化アルミニウムとし,窒素気流中で水を滴下すると気体として発生する。塩化カルシウムと五酸化二リンで水分を除去した後,冷却して液化し,これを再び気化すれば純粋となる。ゴム栓,ゴム管を侵す。融点-65.7℃,沸点-41.3℃,比重2.12(-42℃)。4℃で1容の水に3.77容溶ける。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のセレン化水素の言及

【セレン】より

…濃硫酸あるいは硝酸と熱すると侵される。水素化物であるセレン化水素H2Seは,金属セレン化物に酸を作用すると発生する悪臭のある有毒な気体である。二酸化セレンを水に入れると亜セレン酸H2SeO3溶液となり,これは亜硫酸より強い酸化剤である。…

※「セレン化水素」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

セレン化水素の関連キーワード水素結合

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android