セントエライアス山脈(読み)セントエライアスさんみゃく(英語表記)Saint Elias Mountains

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「セントエライアス山脈」の解説

セントエライアス山脈
セントエライアスさんみゃく
Saint Elias Mountains

アメリカ合衆国,アラスカ南東部からカナダのユーコン准州南部にかけての山脈北アメリカ大陸の太平洋側を走る海岸山脈の一部を形成している。長さ約 400km。海岸近くまで,高峰が連なって氷河が発達している。最高峰は北アメリカ第2のローガン山 (5951m) 。ほかルカニア山 (以上カナダ,5226m) ,セントエライアス山 (5489m) ,ケネディ山 (以上合衆国,4238m) などがそびえる。ランゲル=セントエライアス国立公園・自然保護区の一中心をなす。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「セントエライアス山脈」の解説

セントエライアス‐さんみゃく【セントエライアス山脈】

Saint Elias Mountains》北アメリカの太平洋岸の山脈。米国アラスカ州南東部からカナダのユーコン準州南西部にかけて、約320キロメートルにわたって走る。カナダ最高峰のローガン山国境に位置するセントエライアス山をはじめ、標高5000メートルを超える山が五つある。世界遺産(自然遺産)に登録されたランゲルセントエライアス国立公園およびクルアニ国立公園に含まれる。セントイライアス山脈。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android