コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゼノサーマル鉱床 ゼノサーマルこうしょうxenothermal deposit

岩石学辞典の解説

ゼノサーマル鉱床

高温で低圧の条件で形成された鉱床で,浅い深度に位置を占めた深成岩の急冷に伴われたもの.そのため鉱物組合せは複雑で,初期に形成された高温鉱物が後期に結晶した低温鉱物に伴われることがある[Buddington : 1935].高温の熱水溶液が地表近くまで高温状態で上昇し,地表近くで流体中の鉱物成分を沈澱するため高温性の鉱物から低温性の鉱物まで広い温度範囲の鉱物が鉱体内に共存する特徴がある鉱床である.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

ゼノサーマル鉱床の関連キーワードスズ鉱物(錫鉱物)

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android