コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

輝蒼鉛鉱 キソウエンコウ

デジタル大辞泉の解説

き‐そうえんこう〔‐サウエンクワウ〕【輝×蒼鉛鉱】

ビスマス硫黄からなる鉱物。金属光沢のある銀白または灰白色で、塊状や葉片状。輝安鉱に似るが、比重は大。斜方晶系。ビスマスの重要な鉱石。輝ビスマス鉱。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きそうえんこう【輝蒼鉛鉱】

ビスマスの硫化物。斜方晶系。多くは針状の結晶を示す。錫すず白色で、金属光沢が強い。ビスマスの鉱石。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

輝蒼鉛鉱
きそうえんこう
bismuthinite

蒼鉛(ビスマス)の鉱石鉱物の一つ。輝安鉱と同構造で中間物もある。酸性火成岩中の高温熱水あるいは気成鉱脈鉱床、接触交代鉱床(スカルン型鉱床)中などに産し、タングステン(W)、スズ(Sn)、モリブデン(Mo)の鉱物、自然蒼鉛などと共存する。日本では、北海道手稲(ていね)鉱山(閉山)、兵庫県生野(いくの)鉱山(閉山)、山口県長登(ながのぼり)鉱山(閉山)などの産出例が知られる。自形は針状~長柱状。低硬度、劈開(へきかい)などが特徴である。方鉛鉱とは直接接して産することはない。英名は主成分元素のビスマスbismuthに由来する。[加藤 昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

輝蒼鉛鉱の関連キーワード輝蒼鉛鉱(データノート)ゴールドフィールド鉱ルーズベルト石ベンジャミン鉱ザバリツキー石ポリディム鉱アイキン鉱ホセ鉱A硫化物都茂鉱閉山

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android