輝蒼鉛鉱(読み)キソウエンコウ

大辞林 第三版の解説

きそうえんこう【輝蒼鉛鉱】

ビスマスの硫化物。斜方晶系。多くは針状の結晶を示す。錫すず白色で、金属光沢が強い。ビスマスの鉱石。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

輝蒼鉛鉱
きそうえんこう
bismuthinite

蒼鉛(ビスマス)の鉱石鉱物の一つ。輝安鉱と同構造で中間物もある。酸性火成岩中の高温熱水あるいは気成鉱脈鉱床、接触交代鉱床(スカルン型鉱床)中などに産し、タングステン(W)、スズ(Sn)、モリブデン(Mo)の鉱物、自然蒼鉛などと共存する。日本では、北海道手稲(ていね)鉱山(閉山)、兵庫県生野(いくの)鉱山(閉山)、山口県長登(ながのぼり)鉱山(閉山)などの産出例が知られる。自形は針状~長柱状。低硬度、劈開(へきかい)などが特徴である。方鉛鉱とは直接接して産することはない。英名は主成分元素のビスマスbismuthに由来する。[加藤 昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

き‐そうえんこう ‥サウエンクヮウ【輝蒼鉛鉱】

〘名〙 ビスマスの硫化鉱物。鉛灰色の金属光沢をもつ。斜方晶系、柱状、針状、葉片状の結晶。熱水鉱脈中に産し、タングステン、モリブデンなどの鉱物を伴うことが多い。輝ビスマス鉱。ビスムシナイト。〔鉱物字彙(1890)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アノミー

もとは「神法の無視」「無規則性」を意味するギリシア語の anomiaが語源であるが,フランスの社会学者 É.デュルケムが,近代に移行する過程で,それまで人間の行為を規制してきた伝統的価値や,社会的規準...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android