コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゼロ・サム社会 ゼロ・サムしゃかいThe Zero-Sum Society

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゼロ・サム社会
ゼロ・サムしゃかい
The Zero-Sum Society

アメリカの経済学者 L.C.サローの著書。 1980年刊。「分配と経済変化の可能性」という副題がつけられている。本書のテーマは,経済成長がない社会では,経済全体での所得分配は全体でゼロ和,すなわちゼロ・サムになり,誰かが得をするためには必ず誰かが損をしなければならないというもの。著者はアメリカにおけるインフレ,エネルギー,環境,所得格差など現実の経済問題を逐一検討し,それらのなかにゼロ・サム的要素がどのように盛込まれているかを分析している。そしてゼロ・サム問題こそが最優先で解決されるべき経済問題の一つであると強調し,そのためにも分配の公正について社会の合意をつくり出さなければならないと主張している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ゼロ・サム社会の関連キーワードサロー(Lester Thurow)レスター・カール サロー

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android