コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソアソン Soissons

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソアソン
Soissons

フランス北部,エーヌ県の都市。パリ北東約 97km,エーヌ川左岸にのぞむ。イルドフランス地方北東部,ソアソネ地方の中心都市。地方農産物を集散し,鋳物,ゴム製品,機械などを製造する。 486年クロービス1世シアグリウスの「ソアソン王国」を破って,メロビング朝の基礎を固めた地。一時はネウストリアの首都であった。第1次・第2次世界大戦のドイツとの激戦地。高さ約 70mのゴシック様式の塔をもつ 13世紀の大聖堂,メロビング王家の墓所である聖メダール修道院など史跡が多い。人口3万 2144 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ソアソン【Soissons】

フランスのパリ盆地北東部,エーヌ川左岸にある都市。人口3万2236(1982)。ガリア時代から栄えた都市で,ゴシック建築で知られるサン・ジェルベ・エ・サン・プロテ聖堂をはじめ,フランス中世の建造物,美術品に富んだ歴史都市として有名。鉄道と水路によりパリと連結され,金属・機械を中心とする工業都市として近年急速に発展している。交通の要衝であるところから,両世界大戦時には多大な被害を被った。【手塚 章】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ソアソン
そあそん
Soissons

フランス北部、エーヌ県の都市。パリの北東101キロメートル、エーヌ川に沿う。人口2万9453(1999)。サン・カンタンに次ぐ県内第二の都市であり、かつて農産物の集散地であったが、パリと鉄道、道路、水路によって直結しているため、第二次世界大戦後、食品、ガラス、化学、電気機械、電子など多業種にわたる工業化の進展が著しい。3世紀から司教座があったため、ゴシック建築のサン・ジェルベ・エ・サン・プロテの大聖堂(13世紀)をはじめ、歴史的建造物が多い。ガリア時代から繁栄し、486年メロビング朝初代フランク国王クロービスがローマ系の北ガリア支配者シャグリウスを当地で破った。1870年と、第一次、第二次両大戦中には、ドイツ軍の侵略を受けた。[高橋伸夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のソアソンの言及

【クリスピヌスとクリスピニアヌス】より

…ともにキリスト教の聖人。伝説によると3世紀のローマ貴族出身の兄弟で,迫害を逃れてフランスのソアソンへ行き,靴作りをしながら福音を伝え,後に捕らえられて殉教。靴職人,革細工師などの守護聖人。…

※「ソアソン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ソアソンの関連キーワードランス(フランス、マルヌ県の都市)ロスケリヌス[コンピエーニュ]クリスピヌスとクリスピニアヌスシャルル3世(単純王)カリエ=ベルーズピュイゼギュールクロタール1世ビレル・コトレアエギディウスピカルディーピピン(小)ピピンの寄進ロベール1世マイエンヌ公ロスケリヌスコミューンラウールオーリイ土木技術バロア