コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソウハチ ソウハチ Cleisthenes pinetorum

3件 の用語解説(ソウハチの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソウハチ
ソウハチ
Cleisthenes pinetorum

カレイ目カレイ科の海水魚。全長 45cm内外。体は卵円形で,口が大きい。眼は体の右側にあり,上の眼は頭の背縁上にある。有眼側の体色は暗褐色でやや黄色みを帯びる。水深 100m内外の海底にすむ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

ソウハチ

 [Hippoglossoides pinetorum].カレイ目カレイ科の海産魚.約45cmになる.食用にする.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ソウハチ
そうはち / 宗八
pointhead flounder
[学]Hippoglossides pinetorum

硬骨魚綱カレイ目カレイ科に属する海水魚。太平洋側は福島県以北、日本海側ではほとんど全域、オホーツク海南部、千島列島沿海州から東シナ海にいたる大陸沿岸域に分布する。下眼は体の右側にあるが、上眼は頭の背辺にあること、口は比較的大きく、目の中央下まで開くこと、側線は胸びれの上方で湾曲しないこと、無眼側の体の中央部は真白色であることなどで他のカレイ類と容易に区別される。水深4~250メートルの砂泥底にすみ、おもに小魚や小形の甲殻類を食べる。産卵期は山陰沖では2~4月、北海道では5~7月で、沿岸にきて産卵する。底引網、刺網などで漁獲される。全長45センチメートルぐらいになる。独特のにおいがあって煮つけや刺身に適さないが、干物にすると臭みが消えて美味である。[尼岡邦夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ソウハチの関連キーワードマガレイヤナギムシガレイカレイアサバガレイ石鰈鮫鰈星鰈オオグチガレイコガネカレイ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ソウハチの関連情報