コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソスノビエツ

百科事典マイペディアの解説

ソスノビエツ

ポーランド南部の工業都市。上シロンスク工業地帯に属し,鉄鋼,機械,化学,食品などの工業が行われる。18世紀にプロイセン領となり,19世紀末以後急速に発展。21万6400人(2011)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ソスノビエツ
そすのびえつ
Sosnowiec

ポーランド南部、シロンスク県の都市。人口24万1102(2000)。カトビーツェの東7キロメートルにあり、上シロンスク工業地帯の重要な一角を占める。市内に良質な炭田があり、コークス加工を基礎に鉄鋼業、各種機械(ボイラー、鉱山機械などの重機械)、化学、繊維工業が集中している。都市の起源は古く、中部ヨーロッパの交通の要衝として繁栄したが、19世紀後半に工業が発展した。[山本 茂]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のソスノビエツの言及

【シロンスク】より

…上シロンスク工業地帯(GOP)とよばれる重化学工業都市群が形成され,ポーランド工業の核心部の役割を果たしている。両シロンスクの主要都市として先の3都市のほか,ソスノビエツ(25万),グリビツェ(21万),ザブジェ(20万),バウブジフ,ジェローナ・グーラ(11万)などがある。【山本 茂】
[歴史]
 シュレジエンの地名は,前300年ころから後350年ころまでオーデル川一帯に定住したバンダルWandal族の一部族の名称ジーリンゲンSilingenに由来する。…

※「ソスノビエツ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ソスノビエツの関連キーワードポーランド山本

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android