コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソスノビエツ

2件 の用語解説(ソスノビエツの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ソスノビエツ

ポーランド南部の工業都市。上シロンスク工業地帯に属し,鉄鋼,機械,化学,食品などの工業が行われる。18世紀にプロイセン領となり,19世紀末以後急速に発展。21万6400人(2011)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ソスノビエツ
そすのびえつ
Sosnowiec

ポーランド南部、シロンスク県の都市。人口24万1102(2000)。カトビーツェの東7キロメートルにあり、上シロンスク工業地帯の重要な一角を占める。市内に良質な炭田があり、コークス加工を基礎に鉄鋼業、各種機械(ボイラー鉱山機械などの重機械)、化学、繊維工業が集中している。都市の起源は古く、中部ヨーロッパの交通の要衝として繁栄したが、19世紀後半に工業が発展した。[山本 茂]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のソスノビエツの言及

【シロンスク】より

…上シロンスク工業地帯(GOP)とよばれる重化学工業都市群が形成され,ポーランド工業の核心部の役割を果たしている。両シロンスクの主要都市として先の3都市のほか,ソスノビエツ(25万),グリビツェ(21万),ザブジェ(20万),バウブジフ,ジェローナ・グーラ(11万)などがある。【山本 茂】
[歴史]
 シュレジエンの地名は,前300年ころから後350年ころまでオーデル川一帯に定住したバンダルWandal族の一部族の名称ジーリンゲンSilingenに由来する。…

※「ソスノビエツ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ソスノビエツの関連キーワードウッジウッチウロツワフグダンスクシロンスクバーミンガムポズナニポートランドブロツワフチェンストホバ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone