コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソフィーの選択

デジタル大辞泉プラスの解説

ソフィーの選択

1982年製作のアメリカ映画。原題《Sophie's Choice》。ウィリアム・スタイロンによるナチス・ドイツのホロコーストをテーマにした同名小説の映画化。監督:アラン・J・パクラ、出演:メリル・ストリープ、ケビン・クライン、ピーター・マクニコルほか。第55回米国アカデミー賞主演女優賞受賞(メリル・ストリープ)。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ソフィーの選択
そふぃーのせんたく
Sophie's Choice

アメリカの作家スタイロンの1979年に発表された長編。ヒロインのソフィーはポーランドからアメリカに亡命してきた女性で、ユダヤ人ではないがナチスの強制収容所で過ごした経験がトラウマ(心的外傷)となっている。ニューヨークでの彼女はユダヤ人の恋人を得るが、彼は精神を病んでおり、この2人を軸としたドラマを、ニューヨークのブルックリンにやってきて、ヒロインと同じアパートに住む作者自身を思わせる若者の眼(め)を通して描く。ホロコーストの暴虐にみられるナチスの狂気を生き延びた者の罪の意識、恐怖を通して、20世紀の悪に果敢に挑戦した問題作。なお、アラン・J・パクラAlan J. Pakula(1928―98)監督、メリル・ストリープMeryl Streep(1949― )主演で撮られた映画化作品(1982)も大いに注目された。[金敷 力]
『大浦暁生訳『ソフィーの選択』全2冊(1983・新潮社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ソフィーの選択の関連キーワードアンゲリカ キルヒシュラーガーウィリアム スタイロンピーター マクニコルメリル ストリーブメリル ストリープケビン クライン

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ソフィーの選択の関連情報