ソフトランディング(英語表記)soft landing

翻訳|soft landing

デジタル大辞泉「ソフトランディング」の解説

ソフト‐ランディング(soft landing)

軟着陸。特に、宇宙船が、ロケットエンジンの逆噴射で速力をおさえながらゆっくりと着陸すること。⇔ハードランディング
高成長を安定へ導く過程で、不況などを招かないように徐々に成長速度を低下させること。また、そのような経済政策。軟着陸。⇔ハードランディング
交渉やもめ事で、無理に言い分を通そうとせず、よく話し合って結論を出すこと。軟着陸。「被害者住民の意向を汲みながらソフトランディングをはかる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「ソフトランディング」の解説

ソフト‐ランディング

〘名〙 (soft landing)
経済高度成長から安定成長に導くとき、不況などを招かないように徐々に低下させる政策
③ 比喩的に、安定的状況へのおだやかな移行

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android