ソーラーシェアリング(読み)そーらーしぇありんぐ(英語表記)Solar sharing

知恵蔵mini「ソーラーシェアリング」の解説

ソーラーシェアリング

農業を続けながら、同時に太陽光発電を行うことを指す言葉である。ソーラーシェアリングでは、耕作地の地上約3mの位置に藤棚のように架台を設置し、そこに短冊状の太陽光パネルを並べる施設を設け、営農を続けながら太陽光発電を行う。農林水産省では、同施設を「営農型発電設備」と定義している。一般社団法人ソーラーシェアリング協会はソーラーシェアリングについて「日本の農業が抱えている農家の後継ぎ不足、農業従事者の高齢化、耕作放棄地などの諸問題を解決する可能性を持っている」と指摘している。

(2016-11-22)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android