ソーラーシェアリング(読み)そーらーしぇありんぐ(英語表記)Solar sharing

知恵蔵mini「ソーラーシェアリング」の解説

ソーラーシェアリング

農業を続けながら、同時に太陽光発電を行うことを指す言葉である。ソーラーシェアリングでは、耕作地の地上約3mの位置に藤棚のように架台を設置し、そこに短冊状の太陽光パネルを並べる施設を設け、営農を続けながら太陽光発電を行う。農林水産省では、同施設を「営農型発電設備」と定義している。一般社団法人ソーラーシェアリング協会はソーラーシェアリングについて「日本の農業が抱えている農家の後継ぎ不足、農業従事者の高齢化、耕作放棄地などの諸問題を解決する可能性を持っている」と指摘している。

(2016-11-22)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

デジタル大辞泉「ソーラーシェアリング」の解説

ソーラー‐シェアリング(solar sharing)

農地太陽光発電設備を設置し、発電事業と営農を両立して行うこと。地面支柱を組み、その上に間隔をあけて太陽電池パネルを並べ、太陽光が農作物にあたるようにしたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android