コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タイミル半島 タイミルはんとう

百科事典マイペディアの解説

タイミル半島【タイミルはんとう】

ロシア,中央シベリア北部,北極海のラプテフ海とカラ海の間の半島。セベルナヤ・ゼムリャ島に対し,アジア大陸の北端に当たるチェリュスキン岬(北緯77°43′)がある。
→関連項目ラプテフ海

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

タイミルはんとう【タイミル半島 Taimyrskii poluostrov】

ロシア連邦,中央シベリア北端に,北極海に向かって突出した大きな半島。その北端のチェリュスキン岬はアジアの最北端である(北緯77゜43′)。半島は西にカラ海,東にラプテフ海を分け,半島の北にはビリキツキー海峡をへだててセベルナヤ・ゼムリャ諸島がある。半島は長さ1000kmをこえ,東北東にのび,中央部にはおもに変成岩からなるビランガ山地Gory Byrrangaが高まり,最高点はレドニコーバヤ山の1146mで,山頂近くに氷河を懸ける。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タイミル半島
たいみるはんとう
Полуостров Таймыр Poluostrov Taymr 

ロシア連邦中北部から北極海に突き出した半島。アジア大陸の最北端にあたり、ラプテフ海とカラ海を分ける。面積約40万平方キロメートル。南部は西シベリア平原に属し、針葉樹林がある。中央部には、おもに変成岩からなるブイランガ山地(最高点1146メートル)があり、氷河に覆われている。北部は低い海食台地となっている。半島の大部分がツンドラ(永久凍土帯)で、ほとんどが未利用地である。[小宮山武治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

タイミル半島の関連キーワードセベルナヤ・ゼムリャ[諸島]セベルナヤ・ゼムリャ[諸島]チェリュスキン[岬]ボリシェビク[島]ウラル語系諸族ミッデンドルフプトラナ高原ガナサン族ノリリスクサモエードタイミルネネツ語

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android