コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タイ湾 タイわん Gulf of Thailand

3件 の用語解説(タイ湾の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タイ湾
タイわん
Gulf of Thailand

シャム Siam湾ともいう。南シナ海からインドシナ半島に深く湾入する湾。マレー半島中部のパッターニー岬とベトナムの南端カマウ岬との間を湾口とする。長さ 730km,幅 500~560km。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

タイ湾【タイわん】

シャム湾とも。タイの南方,マレー半島とインドシナ半島に囲まれる海域。東西約600km。メナム川はじめ,両半島の諸河川が注ぐ。浅海で,大部分が水深50m以下。マレー半島のクラ地峡は幅が狭く,陸上わずかでインド洋に達するため,古来東西交通上の重要海域であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

タイわん【タイ湾 Gulf of Thailand】

インドシナ半島とマレー半島とに囲まれた湾。シャム湾Gulf of Siamとも呼ばれる。北岸はタイ中部の陸地が接している。沿岸には古くから多くの湾が発達し,海上交通沿岸漁業の拠点となっている。メナム(チャオプラヤー)川に位置するバンコク港は大型船舶の入港に不適であるため,湾の東岸のシーラーチャー付近に深水港が建設されつつある。その近くのサットヒープ港ベトナム戦争中のアメリカ海軍の基地であった。【田辺 繁治】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

タイ湾の関連キーワードアンダマン海インドシナ半島シナイ半島マレー半島コタバル南支那海野付湾東インドプルフンティアン島コクジャク(小孔雀)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

タイ湾の関連情報