コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タクアレンボ タクアレンボTacuarembó

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タクアレンボ
Tacuarembó

ウルグアイ中北部,タクアレンボ県の県都。首都モンテビデオの北約 340km,アエド丘陵の東麓にある。 1831年建設。牧畜地帯の商工業中心地で,食肉,羊毛,皮革などの集散,加工が行われる。古くからインディオグアラニ族が住んでいたところで,市名はこの地域に特有のアシに似た植物を呼ぶグアラニ語に由来。市内にはインディオ博物館,聖フルクトゥオソ大聖堂 (1834) などがあり,観光業も発展してきている。同国中北部の交通の中心地で,首都からブラジルへ通じる鉄道が通るほか,市から放射状に道路が延びる。人口4万 470 (1985) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone