タケウ(英語表記)Ta Keo

世界の観光地名がわかる事典「タケウ」の解説

タケウ【タケウ】
Ta Keo

カンボジア西部シエムレアプ(Siem Reap)北郊にあるアンコール遺跡群(世界遺産)の中の一つで、アンコールワットから約3kmほどのところにあるヒンドゥー教のピラミッド式寺院。10~11世紀にかけて、ジャヤバルマン5世らクメール国(アンコール王朝)の複数の王が建設を続けたものの、何らかの理由で未完成のまま今日まで伝わった遺構である。このため、アンコールワットのような彫刻は施されていない。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

デジタル大辞泉「タケウ」の解説

タ‐ケウ(Ta Kev)

カンボジア北部、アンコールにあるヒンズー教寺院の遺跡。アンコールトムの東に位置する。11世紀初頭、クメール王朝のジャヤバルマン5世により建設が始められたが、王のにより未完。ピラミッド型の寺院であり、高さ約50メートルに及ぶ5層の基壇をもつ。上部に五つの祠堂があり、シバ神を祭る。1992年、アンコールの他の遺跡とともに世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android