コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タタールスタン[共和国] Tatarstan

世界大百科事典 第2版の解説

タタールスタン[共和国]【Tatarstan】

旧ソ連邦ロシア共和国内において,タタール自治ソビエト社会主義共和国として存続してきたが,1990年8月に主権国家宣言を行い,現在はタタールスタン共和国としてロシア連邦に加わっている。ウラル山脈の西,ボルガ川の中流に位置し,面積6万8000km2,人口372万3000(1993)。首都カザン。1920年5月に自治共和国として成立した。民族構成はタタール人48%,ロシア人43%と二大民族が拮抗し,その他にこの地域の少数民族チュバシ人,モルドバ人,ウドムルト人と,ロシア人と共に移住してきたウクライナ人が数%を成す(1989)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のタタールスタン[共和国]の言及

【ロシア連邦】より

…一時期は,ロシア連邦からの分離・独立の可能性さえも一部でささやかれた。もっとも,大半の共和国は地政的・経済的に独立の条件を欠くので,〈独立〉論は,チェチェンを除き,本心というよりもブラフ(脅し)の色彩が濃かった(ある時期までチェチェンに次ぐ強硬派とみられたタタールスタンも,94年以降,連邦体制に取り込まれた)。とはいえ,そのようなブラフがなされたこと自体が,関係の不確定性を象徴していた。…

※「タタールスタン[共和国]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android