コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タテヤマキンバイ(立山金梅) タテヤマキンバイ Sibbaldia procumbens L.

1件 の用語解説(タテヤマキンバイ(立山金梅)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

タテヤマキンバイ【タテヤマキンバイ(立山金梅) Sibbaldia procumbens L.】

日本では立山で初めて発見された,黄色の花をもつバラ科の高山植物イラスト)。高山帯の日向の砂礫(されき)地に見られ,草丈5~10cm,茎は地をはい,木質化する。葉は3出複葉で,長い柄がある。小葉はくさび形をなし,先端は3~5個の鋸歯がある。夏に,茎の先端部分より花茎を出し,花序は散房状で,花は非常に小さい。花弁は5枚,黄色で萼片の方が少し長い。おしべ5本,めしべ5~20本。果実は瘦果(そうか)。本州中部地方北海道の高山にまれに産し,サハリン,千島からシベリアをへてヨーロッパに,またアラスカからグリーンランドまでと広く北半球の寒帯および高山に分布し,氷河時代の残存植物とみなされている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

タテヤマキンバイ(立山金梅)の関連キーワード黄花立山節戸隠升麻白山小桜白山千鳥壬生艾尾瀬草フランスデモVRE(バンコマイシン耐性腸球菌)バスの日

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone