コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タテヤマキンバイ(立山金梅) タテヤマキンバイSibbaldia procumbens L.

1件 の用語解説(タテヤマキンバイ(立山金梅)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

タテヤマキンバイ【タテヤマキンバイ(立山金梅) Sibbaldia procumbens L.】

日本では立山で初めて発見された,黄色の花をもつバラ科の高山植物イラスト)。高山帯の日向の砂礫(されき)地に見られ,草丈5~10cm,茎は地をはい,木質化する。葉は3出複葉で,長い柄がある。小葉はくさび形をなし,先端は3~5個の鋸歯がある。夏に,茎の先端部分より花茎を出し,花序は散房状で,花は非常に小さい。花弁は5枚,黄色で萼片の方が少し長い。おしべ5本,めしべ5~20本。果実は瘦果(そうか)。本州中部地方北海道の高山にまれに産し,サハリン,千島からシベリアをへてヨーロッパに,またアラスカからグリーンランドまでと広く北半球の寒帯および高山に分布し,氷河時代の残存植物とみなされている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone