コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タデ原湿原 タデワラシツゲン

3件 の用語解説(タデ原湿原の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たでわら‐しつげん〔たではら‐〕【タデ原湿原】

大分県玖珠(くす)郡九重(ここのえ)町にある湿原。九重(くじゅう)火山群の北側(標高1000メートル付近)に位置し、火山地形扇状地に形成。平成17年(2005)、坊ガツルとともにラムサール条約に登録された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

タデ原湿原

くじゅう連山の北側、九重町に約40ヘクタールにわたって広がる湿原。標高は約千~1100メートル。湿原の長者原地区には木製の歩道が整備され、植物を観察したり、くじゅうの山々を眺めたりすることができる。05年、くじゅう坊ガツルタデ原湿原としてラムサール条約で保全すべき重要な湿原に登録された。

(2009-10-14 朝日新聞 朝刊 大分全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

タデ原湿原【タデわらしつげん】

大分県九重町,くじゅう連山内の扇状地に形成された湿原。三俣山の北西山麓に位置し,ビジターセンターや散策のための木道が整備されている。一帯は長者原とも呼ばれ,すぐそばを九州横断道路(やまなみハイウェイ)が通じていてくじゅう連山の観光・登山拠点となっている。
→関連項目阿蘇くじゅう国立公園九重[町]竹田[市]ラムサール条約

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

タデ原湿原の関連キーワード久住山筋湯温泉くじゅう連山の湧水くじゅう連山大分県玖珠郡九重町後野上大分県玖珠郡九重町大分県玖珠郡九重町田野大分県玖珠郡九重町松木九重連山九重連峰

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

タデ原湿原の関連情報