コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タマゴケ Bartramia pomiformis Hedw.

2件 の用語解説(タマゴケの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

タマゴケ【Bartramia pomiformis Hedw.】

タマゴケ科の美しい蘚類。北半球に広く分布し,日本全国の低山地から高地のやや明るく湿った場所の土上や岩上に群生する。植物体は黄緑色,茎は高さ4~5cm,地上部にも褐色の仮根を密生する。葉は細く針状で長さ4~6mm,湿ると広く開出する。中央脈は葉の先端部で突出,葉縁には対になった鋭い鋸歯がある。雌雄同株。若い蒴(さく)は緑色で球形,古い蒴は褐色,ゆがんだ卵形で表面に縦じまがある。同科のコツクシサワゴケPhilonotis thwaitesii Mitt.は東アジアからニューギニアにかけて広く分布。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タマゴケ
たまごけ
[学]Bartramia pomiformis Hedw. var. elongata Turn.

コケ植物タマゴケ科の代表的な種類で、半日陰地の湿った地上などに塊になって生える。茎は高さ5センチメートル内外、茎の中ほどから下には褐色の仮根が密生する。葉は披針(ひしん)形で長さ7~10ミリメートル、乾くとやや縮れて巻く。(さく)は球形で、長さ1センチメートル内外の柄(え)をもつ。若いは緑色で、熟すと蓋(ふた)(蘚蓋(せんがい))が赤みを帯びる。北半球の温帯から寒帯に分布し、日本でも全国各地にみられる。[井上 浩]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

タマゴケの関連情報