コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タンニン酸アルブミン タンニンさんアルブミンalbumin tannate

3件 の用語解説(タンニン酸アルブミンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タンニン酸アルブミン
タンニンさんアルブミン
albumin tannate

タンナルビン。腸カタルなどに用いる収斂薬。蛋白質1とタンニン酸2を水に溶かし,生じた沈殿物を乾燥したもの。無臭,褐色粉末。タンニン酸の口腔や胃粘膜に対する副作用を除いたもの。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タンニン酸アルブミン
たんにんさんあるぶみん
albumin tannate

収斂(しゅうれん)止痢剤で、タンニン酸とアルブミンの化合物。淡褐色の粉末で、無臭またはわずかに特異なにおいを有する。水に溶解せず、胃ではなんら作用を示さず、腸に入り膵液(すいえき)で徐々に分解してタンニン酸を遊離し、腸管全体にわたって緩和な収斂作用を及ぼし、止痢作用を現す安全な止痢剤である。1回1グラムを1日3~4回内服する。[幸保文治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone