コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タンニン酸アルブミン タンニンさんアルブミン albumin tannate

3件 の用語解説(タンニン酸アルブミンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タンニン酸アルブミン
タンニンさんアルブミン
albumin tannate

タンナルビン。腸カタルなどに用いる収斂薬。蛋白質1とタンニン酸2を水に溶かし,生じた沈殿物を乾燥したもの。無臭,褐色粉末。タンニン酸の口腔や胃粘膜に対する副作用を除いたもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

タンニンさんアルブミン【タンニン酸アルブミン】

タンニン酸とアルブミンとの化合物。黄色の粉末。収歛作用があり、腸炎などの下痢止めに用いる。タンナルビン。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タンニン酸アルブミン
たんにんさんあるぶみん
albumin tannate

収斂(しゅうれん)止痢剤で、タンニン酸とアルブミンの化合物。淡褐色の粉末で、無臭またはわずかに特異なにおいを有する。水に溶解せず、胃ではなんら作用を示さず、腸に入り膵液(すいえき)で徐々に分解してタンニン酸を遊離し、腸管全体にわたって緩和な収斂作用を及ぼし、止痢作用を現す安全な止痢剤である。1回1グラムを1日3~4回内服する。[幸保文治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タンニン酸アルブミンの関連キーワード収斂薬腸カタル垂木竹タンナルビン桜皮牛タン大腸カタルアスコルビン酸ナトリウム十二指腸カタル腸カタール (catarrhal enteritis)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone