コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

収斂薬 しゅうれんやくastringent

翻訳|astringent

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

収斂薬
しゅうれんやく
astringent

粘膜や皮膚組織の蛋白質を沈殿させ,被膜を形成して局所を保護し,また,局所の血管を収縮させる働きをもつ薬物。代表的なものとしてタンニン酸エーテル,アルコールでつくった外用収斂性コロジオンや,苦味薬がある。作用機序によって,創面,潰瘍面,粘膜などの炎症用,下痢,腸潰瘍などの粘膜収斂用,止血用,制汗用,皮膚表面の収斂用 (化粧品のアストリンゼン) などに分けられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

収斂薬【しゅうれんやく】

皮膚または粘膜組織の含窒化合物と結合沈殿して被膜を形成し,局所の保護や体液滲出(しんしゅつ)を抑制する薬剤。主として創面,潰瘍(かいよう)面,粘膜表面などに消炎の目的で用いる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゅうれんやく【収斂薬 astringent】

粘膜組織や皮膚の細胞や漿液中のタンパク質を沈殿させて,被膜をつくり細胞膜透過性を減少させる薬物。浸透性が低いため細胞の表面にのみ作用し,そのため細胞膜の透過性は減少するが,細胞自体は破壊されない。タンニン酸,次硝酸ビスマス次没食子酸ビスマスプロテイン銀などがある。下痢止め,止血,防腐,鎮痛の作用がある。収斂薬は,腐食薬の作用が腐食に至らず軽度にとどまっているものと考えてよい。液体の分泌や白血球の遊走を抑制する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

収斂薬の関連キーワードタンニン酸アルブミン没食子酸五倍子点鼻薬収斂剤塩化鉄没薬牡蠣