コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

収斂薬 しゅうれんやく astringent

翻訳|astringent

3件 の用語解説(収斂薬の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

収斂薬
しゅうれんやく
astringent

粘膜や皮膚組織の蛋白質を沈殿させ,被膜を形成して局所を保護し,また,局所の血管を収縮させる働きをもつ薬物。代表的なものとしてタンニン酸エーテルアルコールでつくった外用収斂性コロジオンや,苦味薬がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

収斂薬【しゅうれんやく】

皮膚または粘膜組織の含窒化合物と結合沈殿して被膜を形成し,局所の保護や体液の滲出(しんしゅつ)を抑制する薬剤。主として創面,潰瘍(かいよう)面,粘膜表面などに消炎の目的で用いる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しゅうれんやく【収斂薬 astringent】

粘膜組織や皮膚の細胞や漿液中のタンパク質を沈殿させて,被膜をつくり細胞膜の透過性を減少させる薬物。浸透性が低いため細胞の表面にのみ作用し,そのため細胞膜の透過性は減少するが,細胞自体は破壊されない。タンニン酸,次硝酸ビスマス次没食子酸ビスマスプロテイン銀などがある。下痢止め,止血,防腐,鎮痛の作用がある。収斂薬は,腐食薬の作用が腐食に至らず軽度にとどまっているものと考えてよい。液体の分泌や白血球の遊走を抑制する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

収斂薬の関連キーワードアポタンパク質可消化タンパク質高タンパク質血骨基質タンパク質漿液細胞組織化植物タンパク質単細胞タンパク質糖タンパク質動物性タンパク質レチノール結合タンパク質

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone