ターサ文化(読み)ターサぶんか(英語表記)Tasa culture

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ターサ文化
ターサぶんか
Tasa culture

上エジプトの新石器時代後期の文化。前 4500~4000年頃と思われ,中部エジプトのナイル東岸にあるデル・ターサが標準遺跡。住民は半定住半遊牧の状態であったためか住居は炉跡しか判明しない。墓は長円形の竪穴式で遺体は屈葬,土器や象牙製,貝製の装身具が副葬された。土器は粗製が多いが,黒頂土器の古い型や,刻文に白色の顔料を埋めた幾何学文のある口縁部の開いた黒色土器が知られ,長方形のパレットも出土する。独立した文化期とせず,バダーリー文化の初期の段階とする説もある。 (→ターサ遺跡 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ターサぶんか【ターサ文化】

エジプト先王朝時代の文化。中部エジプトのナイル東岸のデイル・ターサDeir Tasa,ムスタジッダ(モスタゲッダともいう)等を主要遺跡とする。バダーリ文化に先行する上エジプト最古の新石器文化として,イギリスの考古学者G.ブラントンが熱心に提唱したものであるが,現在では独立した文化とは考えられておらず,バダーリ文化の初期の段階とする意見が一般的である。口縁部が朝顔形に開き,胴部および口縁内部に白色の練土を詰めた刻文を持つ黒色磨研のビーカー形土器を特徴とする。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android