ダイアン レイン(英語表記)Diane Lane

現代外国人名録2016「ダイアン レイン」の解説

ダイアン レイン
Diane Lane

職業・肩書
女優

国籍
米国

生年月日
1965年1月22日

出生地
ニューヨーク市

経歴
演劇コーチの父と元女優の母の間に生まれる。6歳から演技指導を受け、「アガメムノン」や「桜の園」などの舞台で子役として活躍。1979年14歳のとき「リトル・ロマンス」で映画デビュー。「ラスト・レター」(’80年)の薄幸の少女役で天才少女スターとして米誌「タイム」の表紙になった。以降、「アウトサイダー」(’82年)、「ランブルフィッシュ」(’83年)、「コットンクラブ」(’84年)とフランシス・コッポラ監督の作品にたて続けに出演し人気女優の地位を確立。「ストリート・オブ・ファイヤー」(’84年)でロックスターを演じ絶賛を浴びた。2002年の「運命の女」ではアカデミー賞主演女優賞にノミネート。他の出演作品に「愛は危険な香り」「ビッグタウン」(1987年)、「落」「美しき獲物」(’92年)、「ジャッジ・ドレッド」(’95年)、「パーフェクト・ストーム」(2000年)、「陽だまりのグラウンド」(2001年)、「トスカーナの休日」(2003年)、「理想の恋人.com」(2005年)、「ハリウッドランド」(2006年)、「ブラックサイト」(2007年)、「マン・オブ・スティール」(2013年)など。テレビドラマでは「ロンサム・ダブ」(1988年)に主演。’88年俳優のクリストファー・ランバートと結婚、1女をもうけたが’94年離婚。2004年に俳優のジョシュ・ブローリンと結婚するが、2013年離婚。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

20世紀西洋人名事典「ダイアン レイン」の解説

ダイアン レイン
Diane Lane


1965.1.22 -
米国の女優。
ニューヨーク生まれ。
8歳から舞台に立つ。1978年ミュージカル「Runaways」で絶賛を浴び、「リトル・ロマンス」(’79年)で映画にデビューする。’82年に出演した「アウトサイダー」でフランシス・コッポラ監督に認められ、「ランブルフィッシュ」「コットンクラブ」と彼の作品に連続出演している。来日回数も多く、日本のコマーシャルでも活躍。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典「ダイアン レイン」の解説

ダイアン レイン

生年月日:1965年1月22日
アメリカの女優

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android