コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダイセツタカネヒカゲ

3件 の用語解説(ダイセツタカネヒカゲの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ダイセツタカネヒカゲ

鱗翅(りんし)目ジャノメチョウ科の1種。タテハチョウ科の1亜科とされる場合もある。北海道の大雪山塊と日高山脈に分布する。国外では,ウラル北部,シベリア東部,カムチャツカ半島アラスカカナダロッキー山脈に分布。
→関連項目高山チョウタカネヒカゲ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダイセツタカネヒカゲ
ダイセツタカネヒカゲ

タカネヒカゲ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダイセツタカネヒカゲ
だいせつたかねひかげ / 大雪高嶺日陰蝶
[学]Oeneis melissa

昆虫綱鱗翅(りんし)目ジャノメチョウ科に属するチョウ。日本では北海道の特産種で、大雪(たいせつ)山系、音更(おとふけ)山、十勝(とかち)ニペソツ山、戸蔦別(とつたべつ)岳、幌尻(ほろしり)岳の高標高地に産し、北海道の高山チョウの一種として知られ、国の天然記念物に指定されている。国外ではカムチャツカ、北アメリカ大陸(アラスカよりラブラドルに至る)に分布する。はねの開張47ミリメートル内外。本州の高山チョウであるタカネヒカゲに似ているが、雄の翅表に発香鱗(りん)がない。出現期は7~8月、高山の岩礫(がんれき)地に発生し、タカネオミナエシ、イワウメ、キバナシャクナゲ、チングルマ、イワツメクサなどの花に吸蜜(きゅうみつ)にくる。幼虫の食草はダイセツイワスゲ、ミヤマクロスゲなどのカヤツリグサ科植物である。タカネヒカゲと同じく幼虫態で2回の冬を越し、一世代の完了に足掛け3年(満2年)かかるものと推定されている。[白水 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のダイセツタカネヒカゲの言及

【高山蝶】より

…ミヤマシロチョウ,ベニヒカゲ,タカネヒカゲを除く残り6種はヨーロッパまで分布しているもので,日本では遺存種と見なしうるものである。北海道ではウスバキチョウ,ダイセツタカネヒカゲ,アサヒヒョウモン,クモマベニヒカゲ,カラフトルリシジミの5種が高山チョウと呼ばれ,後の3種はヨーロッパにも産する。本州の高山チョウのうち,オオイチモンジ,コヒオドシ,ベニヒカゲは北海道では平地や低山地にも見られるので高山チョウ扱いはされない。…

【タカネヒカゲ(高嶺日陰)】より

…幼虫の状態で2冬を過ごし,3年目の7月中旬~下旬に羽化する。近縁のダイセツタカネヒカゲO.melissaは北海道の大雪山群などの高山帯に分布する。【高橋 真弓】。…

※「ダイセツタカネヒカゲ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ダイセツタカネヒカゲの関連キーワードアゲハウスバキチョウ木の間蝶蛇の目蝶日陰蝶キマダラヒカゲ東雲町コジャノメジャノメチョウ(蛇の目蝶)ヒメジャノメ(姫蛇の目)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone