コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダイセツタカネヒカゲ

3件 の用語解説(ダイセツタカネヒカゲの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ダイセツタカネヒカゲ

鱗翅(りんし)目ジャノメチョウ科の1種。タテハチョウ科の1亜科とされる場合もある。北海道の大雪山塊と日高山脈に分布する。国外では,ウラル北部,シベリア東部,カムチャツカ半島アラスカカナダロッキー山脈に分布。
→関連項目高山チョウタカネヒカゲ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダイセツタカネヒカゲ
ダイセツタカネヒカゲ

タカネヒカゲ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダイセツタカネヒカゲ
だいせつたかねひかげ / 大雪高嶺日陰蝶
[学]Oeneis melissa

昆虫綱鱗翅(りんし)目ジャノメチョウ科に属するチョウ。日本では北海道の特産種で、大雪(たいせつ)山系、音更(おとふけ)山、十勝(とかち)ニペソツ山、戸蔦別(とつたべつ)岳、幌尻(ほろしり)岳の高標高地に産し、北海道の高山チョウの一種として知られ、国の天然記念物に指定されている。国外ではカムチャツカ、北アメリカ大陸(アラスカよりラブラドルに至る)に分布する。はねの開張47ミリメートル内外。本州の高山チョウであるタカネヒカゲに似ているが、雄の翅表に発香鱗(りん)がない。出現期は7~8月、高山の岩礫(がんれき)地に発生し、タカネオミナエシ、イワウメ、キバナシャクナゲ、チングルマ、イワツメクサなどの花に吸蜜(きゅうみつ)にくる。幼虫の食草はダイセツイワスゲ、ミヤマクロスゲなどのカヤツリグサ科植物である。タカネヒカゲと同じく幼虫態で2回の冬を越し、一世代の完了に足掛け3年(満2年)かかるものと推定されている。[白水 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のダイセツタカネヒカゲの言及

【高山蝶】より

…ミヤマシロチョウ,ベニヒカゲ,タカネヒカゲを除く残り6種はヨーロッパまで分布しているもので,日本では遺存種と見なしうるものである。北海道ではウスバキチョウ,ダイセツタカネヒカゲ,アサヒヒョウモン,クモマベニヒカゲ,カラフトルリシジミの5種が高山チョウと呼ばれ,後の3種はヨーロッパにも産する。本州の高山チョウのうち,オオイチモンジ,コヒオドシ,ベニヒカゲは北海道では平地や低山地にも見られるので高山チョウ扱いはされない。…

【タカネヒカゲ(高嶺日陰)】より

…幼虫の状態で2冬を過ごし,3年目の7月中旬~下旬に羽化する。近縁のダイセツタカネヒカゲO.melissaは北海道の大雪山群などの高山帯に分布する。【高橋 真弓】。…

※「ダイセツタカネヒカゲ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone