ダウハー(英語表記)Daucher, Adolf

  • Daucher, Hans

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1460/1465. ウルム
[没]1523/1524. アウクスブルク
ドイツの彫刻家。 1491年アウクスブルクにおもむく。フッガー家の礼拝堂の彫刻 (1509~12) ならびにアンナベルクのザンクト・アンナ聖堂の大理石祭壇 (21) の作者。ドイツにおける後期ゴシック的イタリア・ルネサンス彫刻の代表者の一人。
[生]1485頃.ウルム
[没]1538. シュツットガルト
ドイツの彫刻家 A.ダウハーの子。若い頃伯父 G.エアハルトの弟子としてアウクスブルクで制作,後年ウィーンやシュツットガルトにおもむき,同地で制作した。ドイツ・ルネサンス様式のすぐれたミニアチュール彫刻家の一人。作品はフッガー家の祭壇 (1517~18,アウクスブルク) や小浮彫,メダイヨンなど。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android