コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダウハー Daucher, Adolf

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダウハー
Daucher, Adolf

[生]1460/1465. ウルム
[没]1523/1524. アウクスブルク
ドイツの彫刻家。 1491年アウクスブルクにおもむく。フッガー家の礼拝堂の彫刻 (1509~12) ならびにアンナベルクのザンクト・アンナ聖堂の大理石祭壇 (21) の作者。ドイツにおける後期ゴシック的イタリア・ルネサンス彫刻の代表者の一人。

ダウハー
Daucher, Hans

[生]1485頃.ウルム
[没]1538. シュツットガルト
ドイツの彫刻家 A.ダウハーの子。若い頃伯父 G.エアハルトの弟子としてアウクスブルクで制作,後年ウィーンやシュツットガルトにおもむき,同地で制作した。ドイツ・ルネサンス様式のすぐれたミニアチュール彫刻家の一人。作品はフッガー家の祭壇 (1517~18,アウクスブルク) や小浮彫,メダイヨンなど。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ダウハーの関連キーワード大内教弘専修寺ホルバインブレーニョマンテーニャチタン酸バリウム磁器寛正エンリケ(航海王子)ヨーク(公)シャステル

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android