コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダウハー ダウハーDaucher, Adolf

2件 の用語解説(ダウハーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダウハー
ダウハー
Daucher, Adolf

[生]1460/1465. ウルム
[没]1523/1524. アウクスブルク
ドイツの彫刻家。 1491年アウクスブルクにおもむく。フッガー家の礼拝堂の彫刻 (1509~12) ならびにアンナベルクのザンクト・アンナ聖堂の大理石の祭壇 (21) の作者。ドイツにおける後期ゴシックイタリア・ルネサンス彫刻の代表者の一人。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ダウハー
ダウハー
Daucher, Hans

[生]1485頃.ウルム
[没]1538. シュツットガルト
ドイツの彫刻家 A.ダウハーの子。若い頃伯父 G.エアハルトの弟子としてアウクスブルクで制作,後年ウィーンやシュツットガルトにおもむき,同地で制作した。ドイツ・ルネサンス様式のすぐれたミニアチュール彫刻家の一人。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ダウハーの関連キーワード寛正大内教弘専修寺とよた日本語学習支援システムAIJ事件寛正祝允明ダビット長禄日朝

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone