コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダゼリオ D'Azeglio, Massimo Taparelli

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダゼリオ
D'Azeglio, Massimo Taparelli

[生]1798.10.24. トリノ
[没]1866.1.15. カネロ
イタリアの小説家,政治家。初め画家を志したが,岳父マンゾーニの影響もあって,1831年から小説家に転向,民衆の教化を目指して,ロマン主義的な歴史小説を書いた。リソルジメント (国家統一運動) のなかでは隠健派の自由主義者として,サルジニア王国の首相もつとめた (1849~52) 。主著『エットレ・フィエラモスカ』 Ettore Fieramosca (33) ,『ニッコロ・デ・ラーピ』 Niccolò de' Lapi (41) ,『わが思い出』I miei ricordi (67) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダゼリオ
だぜりお
Massimo Taparelli D'Azeglio
(1798―1866)

イタリアの政治家、作家。ピエモンテの貴族の生まれ。最初ミラノのロマン主義文学運動に参加し、作家アレッサンドロ・マンゾーニの娘と結婚。ロマーニャ地方の愛国者との接触を契機に、1842年ごろから政治活動を開始した。彼の主張は、蜂起(ほうき)や陰謀によるのではなく、諸邦の君主との同意を獲得しながら改革を積み重ねて、イタリアの独立、統一を達成するというものであった。1849年5月、サルデーニャ王国の首相となり、第一次独立戦争の敗戦処理を行った。議会制度を尊重する一方で、軍隊、経済の再建に努め、サルデーニャ王国を民族運動の中心に置いていった。カブールの登場によってダゼリオの勢力はしだいに奪われ、1852年10月に辞任。作品に愛国的歴史小説『エットレ・フィエラモスカ』(1833)があり、『わが回想録』(1867)も著名。[藤澤房俊]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ダゼリオの関連キーワードビットリオ・エマヌエレ(2世)ラッタッツィ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android