コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダムディンスレン Damdinsüreng, Cendijn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダムディンスレン
Damdinsüreng, Cendijn

[生]1908
[没]1986.6.
モンゴルの作家,文献学者。 D.ナツァグドルジと並んで近代モンゴル文学の創始者。 1926年頃から文筆活動を開始,29年に初期近代モンゴル文学中の傑作『嫌われた娘』 Gologdson xüüxenを書き,またモンゴル文献学の分野においてもすぐれた業績を発表し,『元朝秘史』を現代モンゴル語に訳した。 86年「人民作家」の称号を受けた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダムディンスレン
だむでぃんすれん
Цэндийн Дамдинсурэн Tsendiyn Damdinsuren
(1908―1986)

モンゴルの小説家、詩人。ナツァクドルジとともに現代モンゴル文学の創始者。1926年ごろから文芸活動を始め、29年モンゴル新文学の指標ともいうべき中編小説『捨てられた娘』を発表、封建制度とその圧迫を鮮明に描き、牧民大衆の覚醒蜂起(かくせいほうき)と自己解放を優れた筆致で情熱的に呼びかけた。さらに長詩『わが白髪(はくはつ)の母』(1934)により、卓抜した才能と彼自身の政治思想の向上を立証した。透明な曲調の美しい詩句と叙情的色彩が作品を包み、広く愛誦(あいしょう)されている。
 30年代より文字改革工作に参加し、新文字と正字法の草案作成、その教材と参考書の著述、蒙露(もうろ)辞典の編纂(へんさん)、『元朝秘史』の現代語訳などの業績とともに、文学に関する論文も多い。モンゴル人民共和国国歌『われらみな平和を希(ねが)う』は彼の作詩である。[荒井伸一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ダムディンスレンの関連キーワードツェベクミッド9月14日

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android