コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダラス Dallas, Alexander James

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダラス
Dallas, Alexander James

[生]1759.6.21. ジャマイカ
[没]1817.1.16. フィラデルフィア
アメリカの法律家,政治家。 1783年アメリカへ移住し,85年からフィラデルフィアで法律家として活躍。 1814~16年 J.マジソン大統領のもとで財務長官をつとめ,中央銀行制度と保護関税政策を主張した。 15年には陸軍長官代理もつとめた。

ダラス
Dallas

アメリカ合衆国,テキサス州北東部の都市。州の金融,商業,工業などの中心地。 1841年建設され,地名は当時の副大統領の名に由来。 70年代以降商業が発展。現在は連邦準備銀行や多くの保険会社が集中する合衆国南西部の金融中心地。 20世紀初期より天然ガス,1930年に東テキサス大油田が発見されてから急速に発展した。周辺は綿花の大産地で,市はかつては世界最大の綿花市場であった。第2次世界大戦後飛躍的な発展をとげ,市域が5倍になった。郊外に2つの大航空機会社が立地し,機体やミサイル,自動車付属品,セメント,食料品,衣服の各種製造工場,大規模な半導体製造会社もある。交通,通信の中心地でもあり,鉄道が集中し,郊外にダラス・フォートワース国際空港 (1973) もある。交響楽団,美術館,テキサス大学健康科学センター,ベイラー歯科大学,南メソジスト大学,ダラス大学などの文教施設や,コットンボウル・スタジアムがある。 63年 11月 22日第 35代大統領 J.F.ケネディがここで暗殺された。フォートワースアーリントンと連接して大都市圏を形成。人口 119万7816(2010)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ダラス(Dallas)

米国テキサス州北東部の商工業都市。綿花の取引地として栄え、石油・航空機工業が発達。1963年、ケネディ大統領が暗殺された地。人口、行政区128万(2008)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ダラス

米国,テキサス州中部の商工業都市。フォート・ワースなど多くの衛星都市を持つ。油田の中心で製油,化学,機械,航空機などの工業が盛ん。綿花の大集散地。1963年11月22日,遊説旅行中のケネディ大統領がここで暗殺された。
→関連項目フォート・ワース

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

ダラス

アメリカ制作のテレビドラマ原題は《Dallas》。放映はCBS局(1978~1991年)。テキサスの大富豪を舞台に権力闘争と家族の愛憎劇を描く。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ダラス【Dallas】

アメリカ合衆国テキサス州北東部の商工業都市。人口102万3000(1994。全米8位),大都市域人口280万(1992)。フォート・ワースなど多くの衛星都市をもち,同市との間にダラス・フォート・ワース空港(1974開港)がある。1870年代の鉄道開通とともに農牧業取引の中心として発達し,1930年ダラスの南東で大油田が発見され,以後石油関連産業が盛んである。第2次大戦中には航空機,戦後は電機・電子,ミサイルなどの諸産業が発展した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ダラス【Dallas】

アメリカ合衆国、テキサス州北部の都市。綿工業と航空産業が発達。1963年にケネディ大統領が暗殺された地。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダラス
だらす
Dallas

アメリカ合衆国、テキサス州北部の商工業都市。人口118万8580(2000)。トリニティ川に面し、周辺は灌漑(かんがい)による綿花地帯である。この地域は雨量が少ないので、トリニティ川水系に多くの貯水池があり、そこから市民の水を供給している。ダラスは合衆国南西部の金融・保険、卸売業の中心地であり、合衆国の第11地区連邦準備銀行の所在地である。また、繊維、織物、石油精製、電子部品、皮革、食品加工、航空機、せっけん・洗剤などの工業も発達している。第二次世界大戦以降の人口増加は著しく、1940年の都市圏人口は約29万であったが、60年には約108万、80年には約297万となり、90年には400万を越える都市圏へと成長した。2000年現在は522万1801人で合衆国第9位である。
 1841年に河岸に小屋が建てられたのが最初で、56年に町となり、71年に市となった。地名はジョージ・M・ダラス副大統領(在任1845~49)にちなむ。1870年代に鉄道開通とともに綿花の取引地として栄え、その後、1930年代の石油ブームによってさらに発展した。第二次世界大戦中に航空機工業が加わったことで、ダラスの工業活動は多様化した。1974年、衛星都市の一つであるフォート・ワース市との間に開港したダラス‐フォート・ワース国際空港は世界最大の空港の一つで、年間発着回数は世界第2位(1997)である。また、教育機関としてはテキサス大学ダラス校、サザン・メソジスト大学、ベイラー大学歯学部と看護学部などをあげることができる。美術館、博物館、ミュージック・ホール、オペラ座などの文化施設も多い。三つの大きなコンベンション・センターがあり、毎年数多くのコンベンションが開催される。全米大学フットボールのコットンボウルの開催地としても有名である。1963年11月22日にケネディ大統領が暗殺されたのはこの地であった。[菅野峰明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ダラスの関連キーワード連邦準備銀行(Federal Reserve Banks)DALLAS スキャンダラス・シティナンシー・テイラー ローゼンバーグアメリカン・エアラインズ・センターロバート・C. マクファーレンヤープ・ヴァン ズヴェーデンダラス・フォート・ワース空港THE GREY/凍える太陽ヒルトン・ホテルズ[会社]ダラス・マーベリックスアメリカン航空[会社]ジュラシック・ワールドハーヴィー シュミットウォルター ヘンドルワート ウイリアムズアーリントン国立墓地スティーヴ ミラーデルタ航空[会社]ピートと秘密の友達ジェームス クレイ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ダラスの関連情報