コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダンファームリン ダンファームリンDunfermline

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダンファームリン
Dunfermline

イギリススコットランド東部,ファイフ南西部の都市。フォース湾の北岸から約 5km内陸に位置する。地名はゲーリック語で「曲がりくねった峡谷沿いの砦」の意。早くからケルト人の修道院があったが,1067年スコットランド王マルカム3世が町で結婚式をあげてから有名になり,1072年建設の修道院を中心に発展。谷を見おろす丘の上の城には歴代の王がしばしば住み,修道院の墓地にはマルカム3世と王妃マーガレットをはじめとする多くのスコットランド王族が葬られた。町は 1624年の大火でほとんど破壊されたが,のち復興し,食卓用のリンネル類の生産で知られるようになり,それに関連して漂白,染色,絹,レーヨンなどの工業が発展。今日では電子機器などの製造とサービス業が主産業。アメリカ合衆国の鉄鋼王アンドルー・カーネギーの生地で,全カーネギー財団の本部のほか,カーネギーおよび財団の寄付による施設や基金がある。人口 4万3760(2004推計)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ダンファームリン(Dunfermline)

英国スコットランド東部の港町。11世紀にスコットランド王マルカム3世により王宮が置かれた。18世紀から20世紀にかけて、リンネルをはじめとする繊維産業で繁栄。11世紀創建のダンファームリン修道院や王宮跡がある。米国の鉄鋼王カーネギーの生地として知られ、生家ゆかりの公園がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ダンファームリンの関連キーワードマクミラン(Sir Kenneth MacMillan)アンドルー カーネギーデービッド モイーズピッテンクリーフ公園ケネス マクミランチャールズ1世デービッド2世マクミランヘンリソンシアラー