コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダーサ ダーサDāsa

2件 の用語解説(ダーサの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダーサ
ダーサ
Dāsa

インドの先住民族名。インド最古の文献『リグ・ベーダ』によると,黒い肌をもち,鼻平たく,ときに城壁にこもってアーリア人を襲う悪魔で,アーリア人の崇拝するインドラ神が武器をふるって征服したとある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ダーサ【dāsa】

インドに進入したアーリヤ人と敵対した先住民。アーリヤ人は前1500年ころからパンジャーブ地方に移住し,この地でダーサダスユ呼ばれる先住民を征服した。当時の模様を伝える《リグ・ベーダ》によると,ダーサ,ダスユは黒い肌をもつ鼻の低い種族で,プル(町)に住み,異様な言語を話し,アーリヤ人の神々を崇拝せず,男根崇拝など奇妙な風習をもっていたという。このプルをインダス文明の都市,ダーサをその都市の住民とみる史家があるが,反対意見もまた多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のダーサの言及

【アーリヤ人】より

…インドとイランに定住すると,それぞれ先住民と融合して独自の宗教と文化を発達させ,両民族間の相違はいよいよ大きくなった。インドでは,アーリヤ人は先住民を区別して,皮膚の色が黒く鼻が低く,奇妙なことばを話し異なった宗教を信奉する者とし,彼らを〈ダーサ〉あるいは〈ダスユ〉とよんだ。次いでアーリヤ人がガンジス流域に進出して先住民との融合が進むと,〈ダーサ〉は奴隷を意味するようになり,アーリヤ人と非アーリヤ人との区別は人種ではなく言語と宗教によることがいっそう明瞭となって,後者はムレーッチャとよばれて蔑視された。…

※「ダーサ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ダーサの関連情報