コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チアノーゼと対策 ちあのーぜとたいさく

家庭医学館の解説

ちあのーぜとたいさく【チアノーゼと対策】

 チアノーゼとは、動脈の血液中の酸素濃度(正確には酸素飽和度)が低下して、爪(つめ)やくちびるなどが紫色に見えることです。赤血球(せっけっきゅう)の中には、酸素を運搬する能力をもつヘモグロビンという鉄と結合したたんぱく質が含まれ、正常の動脈血では、その98~100%が酸素と結合し、血液の赤い色のもとになっています(酸化ヘモグロビン)。なんらかの原因で、この酸化ヘモグロビンの割合が低下し、酸素と結合していないヘモグロビン(還元ヘモグロビン)の割合が増加すると、毛細血管を皮膚表面から観察しやすい爪やくちびるが暗赤色~紫色に見えるのです。
 チアノーゼの原因としては、①先天性の心臓病で、左心室(さしんしつ)と右心室(うしんしつ)(あるいは左心房(さしんぼう)と右心房(うしんぼう))の間に穴が開いており、酸素と結合していない右心側の血液(静脈血)が左心側(動脈)に流れ込む場合、②重症左心不全で肺うっ血が強いため、吸い込んだ酸素が肺から血液中に十分入っていけない場合、③重症の呼吸器の病気で、酸素が肺の奥まで到達できない場合、などがあげられます。
 チアノーゼがみられた場合、子どもであったり、心臓に雑音がある場合は、先天性の心臓病が疑われます。おとなであれば、心不全や呼吸器の病気が疑われます。いずれにしてもチアノーゼがある場合は、重大な病気の可能性があるので、ただちに心臓専門医を受診し検査を受けることが必要です。結論が出るまでは、運動などは控えたほうがよいでしょう。

出典 小学館家庭医学館について 情報

チアノーゼと対策の関連キーワード心臓のしくみとはたらき

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android