コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェルムスフォード チェルムスフォードChelmsford

2件 の用語解説(チェルムスフォードの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チェルムスフォード
Chelmsford

イギリスイングランド東部,エセックス県の県都。周辺を含めてチェルムスフォード地区を構成する。ロンドンの北東約 50km,チェルマー川とカン川の合流点に位置する。ウィリアム1世による土地調査書『ドゥームズデイ・ブック』(1086)に記された古い町で,13世紀初め,この地方の徴税,立法,裁判の中心地となった。農産物の集散地で,農産物市場,穀物取引所などがある。またベアリング類,電機,機械,光学器機などの工場があるほか菓子,麦芽なども産する。1920年マルコーニ無線電信会社によって,世界最初のラジオ放送が送信されたところとして知られる。地区面積 342km2。地区人口 15万7053(2001)。都市人口 9万9962(2001)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チェルムスフォード
ちぇるむすふぉーど
Chelmsford

イギリス、イングランド南東部、エセックス県の県都。ロンドンの北東約50キロメートルに位置し、チェルマー川に臨む。人口15万7053(2001)。ローマ時代にロンドン‐コールチェスター街道に臨む宿駅が置かれた。直接には中世の市場町に起源を有する。肥沃(ひよく)な農業地域を後背地として発展し、牛の取引市場として知られるようになった。1843年の鉄道開通後は工業化が進み、電気機械、ボールベアリング工業が立地する。[久保田武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

チェルムスフォードの関連情報