コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェレンコフ効果 チェレンコフコウカ

百科事典マイペディアの解説

チェレンコフ効果【チェレンコフこうか】

荷電粒子が透明な媒質中を,その媒質内の光の位相速度(真空中の光速度をその媒質の屈折率で割ったもの)より大きい速度で走るとき,光を発生する現象。この光をチェレンコフ放射またはチェレンコフ光という。
→関連項目タムフランク

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チェレンコフこうか【チェレンコフ効果 Cherenkov effect】

透明媒質中を高速荷電粒子が通過するときに光が放出される現象。1934年にソ連のP.A.チェレンコフによって予言され,37年にI.タムとI.フランクによって理論的に確かめられた。粒子速度vがその媒質中の光の位相速度(真空中での光速度cを媒質の屈折率nで割ったもの)より大きくなる周波数領域でのみ光が放出され,この放射をチェレンコフ放射Cherenkov radiationと呼ぶ。水中の原子炉燃料棒付近に見られる青白い光はこの放射の一例である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

チェレンコフ効果の関連キーワードフランク(Il'ya Mihaylovich Frank)パーヴェル チェレンコフスイミングプール型原子炉イゴーリ タム光の科学史衝撃波

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android