コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェレンコフ効果 チェレンコフコウカ

3件 の用語解説(チェレンコフ効果の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

チェレンコフ‐こうか〔‐カウクワ〕【チェレンコフ効果】

荷電粒子が物質中を、その物質中での光の速度よりも速く走るときに光の放射を起こす現象。1937年、チェレンコフが発見。チェレンコフ放射

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

チェレンコフ効果【チェレンコフこうか】

荷電粒子が透明な媒質中を,その媒質内の光の位相速度(真空中の光速度をその媒質の屈折率で割ったもの)より大きい速度で走るとき,光を発生する現象。この光をチェレンコフ放射またはチェレンコフ光という。
→関連項目タムフランク

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

チェレンコフこうか【チェレンコフ効果 Cherenkov effect】

透明媒質中を高速荷電粒子が通過するときに光が放出される現象。1934年にソ連のP.A.チェレンコフによって予言され,37年にI.タムとI.フランクによって理論的に確かめられた。粒子速度vがその媒質中の光の位相速度(真空中での光速度cを媒質の屈折率nで割ったもの)より大きくなる周波数領域でのみ光が放出され,この放射をチェレンコフ放射Cherenkov radiationと呼ぶ。水中の原子炉燃料棒付近に見られる青白い光はこの放射の一例である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

チェレンコフ効果の関連キーワードウィルソンの霧箱サイクロトロン放射阻止能チェレンコフ放射電離損失荷電粒子チェレンコフカウンター放射長ドンナン効果ベーテ‐ハイトラーの公式

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone