コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェレンコフ効果(読み)チェレンコフコウカ

百科事典マイペディアの解説

チェレンコフ効果【チェレンコフこうか】

荷電粒子が透明な媒質中を,その媒質内の光の位相速度(真空中の光速度をその媒質の屈折率で割ったもの)より大きい速度で走るとき,光を発生する現象。この光をチェレンコフ放射またはチェレンコフ光という。水中にある原子炉燃料棒付近に見られる青い光はこの放射の例である。チェレンコフが発見。空気中の衝撃波に似たもので,粒子の進行方向から測って,角度θをなす円錐方向に放出される(θはcos θ=v/v′であたえられる。ただし,vは媒質内の光速度,v′は粒子速度)。この放射を利用したチェレンコフ計数管は光電子増倍管によってチェレンコフ放射を検出し,同時に放射の進行角度から粒子のエネルギーを知る装置。→スーパーカミオカンデ
→関連項目タムフランク

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チェレンコフこうか【チェレンコフ効果 Cherenkov effect】

透明媒質中を高速荷電粒子が通過するときに光が放出される現象。1934年にソ連のP.A.チェレンコフによって予言され,37年にI.タムとI.フランクによって理論的に確かめられた。粒子速度vがその媒質中の光の位相速度(真空中での光速度cを媒質の屈折率nで割ったもの)より大きくなる周波数領域でのみ光が放出され,この放射をチェレンコフ放射Cherenkov radiationと呼ぶ。水中の原子炉燃料棒付近に見られる青白い光はこの放射の一例である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報