コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャストゥーシカ chastushka

世界大百科事典 第2版の解説

チャストゥーシカ【chastushka】

ロシア民謡の一形式。最も新しい形式で,19世紀の後半に成立した。地方によってはチャスタヤチャストゥーハなどとも呼ばれる。はじめ農村でうたわれたが,1861年の農奴解放後,出稼農民を吸収した都市の工場などにも普及した。一連がふつう4行からなり(そのうち2行目と4行目の脚韻を合わせるのが通例),かなり速い調子でうたわれる。アコーディオンやバラライカの伴奏がつくこともあるし,歌唱に合わせて男女の踊手が別々に,あるいは向かい合ってステップをふむことも多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のチャストゥーシカの言及

【ロシア・ソビエト音楽】より

…日本でロシア民謡として知られるものにはこのような都会の歌が多い。19世紀後半には農村にも都会の様式が浸透し,チャストゥーシカchastushkaと呼ばれる新しい農村的様式のジャンルが成立した。通常4行の定型詩を一定の旋律で歌い継いでいくもので,現代のコルホーズ生活をこっけいにあるいは風刺をきかせて歌ったりするものもあって,今なお作られつつある。…

【ロシア・ソビエト音楽】より

…日本でロシア民謡として知られるものにはこのような都会の歌が多い。19世紀後半には農村にも都会の様式が浸透し,チャストゥーシカchastushkaと呼ばれる新しい農村的様式のジャンルが成立した。通常4行の定型詩を一定の旋律で歌い継いでいくもので,現代のコルホーズ生活をこっけいにあるいは風刺をきかせて歌ったりするものもあって,今なお作られつつある。…

※「チャストゥーシカ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

チャストゥーシカの関連キーワードロシア音楽エセーニン

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android