コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャストゥーシカ chastushka

1件 の用語解説(チャストゥーシカの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

チャストゥーシカ【chastushka】

ロシア民謡の一形式。最も新しい形式で,19世紀の後半に成立した。地方によってはチャスタヤチャストゥーハなどとも呼ばれる。はじめ農村でうたわれたが,1861年の農奴解放後,出稼農民を吸収した都市の工場などにも普及した。一連がふつう4行からなり(そのうち2行目と4行目の脚韻を合わせるのが通例),かなり速い調子でうたわれる。アコーディオンバラライカの伴奏がつくこともあるし,歌唱に合わせて男女の踊手が別々に,あるいは向かい合ってステップをふむことも多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のチャストゥーシカの言及

【ロシア・ソビエト音楽】より

…日本でロシア民謡として知られるものにはこのような都会の歌が多い。19世紀後半には農村にも都会の様式が浸透し,チャストゥーシカchastushkaと呼ばれる新しい農村的様式のジャンルが成立した。通常4行の定型詩を一定の旋律で歌い継いでいくもので,現代のコルホーズ生活をこっけいにあるいは風刺をきかせて歌ったりするものもあって,今なお作られつつある。…

【ロシア・ソビエト音楽】より

…日本でロシア民謡として知られるものにはこのような都会の歌が多い。19世紀後半には農村にも都会の様式が浸透し,チャストゥーシカchastushkaと呼ばれる新しい農村的様式のジャンルが成立した。通常4行の定型詩を一定の旋律で歌い継いでいくもので,現代のコルホーズ生活をこっけいにあるいは風刺をきかせて歌ったりするものもあって,今なお作られつつある。…

※「チャストゥーシカ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

チャストゥーシカの関連キーワード片歌かもめ甚句新しい酒を古い革袋に入れる一部形式楽式歌謡形式形式的小ロシアデータ形式

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone