コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャタレイ夫人の恋人 チャタレイフジンノコイビト

2件 の用語解説(チャタレイ夫人の恋人の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

チャタレイふじんのこいびと〔‐フジンのこひびと〕【チャタレイ夫人の恋人】

《原題Lady Chatterley's LoverD=H=ローレンス長編小説。1928年成立。性的不能で頑(かたく)なな性格の夫をもつコンスタンスが、森番メラーズとの性愛によって真の愛に目覚め、古い自意識から解放されていく。その大胆な性描写は各国で論議をよんだ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チャタレイ夫人の恋人
ちゃたれいふじんのこいびと
Lady Chatterley's Lover

イギリスの作家D・H・ローレンスの10編の長編中、最後の重要な作品。1926年10月フィレンツェ郊外で筆をおこし、1928年1月8日に完成。私家版としてイタリア人の手により出版。決定稿の前に2種の完全な稿本があり、現在『初稿チャタレイ』(1944、1972)と『ジョントマスとジェーン夫人』(1972)の題で知られる。コンスタンス・リード、通称コニーはクリフォード・チャタレイ准男爵と結婚するが、戦傷で下半身不随の夫は、冷ややかさとかたくなさの象徴そのもので、やがてコニーは森番のオリバー・メラーズに真実の愛情をみいだし、古い自意識から解放されてゆく。作者自身の予見どおり、作中の大胆な性描写が問題となり、日本でも「チャタレイ事件」として論議をよんだ。1950年(昭和25)9月、訳者伊藤整(せい)と出版社(小山(おやま)書店)社長小山久二郎(ひさじろう)が起訴され、一審は訳者無罪、出版社は25万円の罰金を科されたが、1957年3月、最高裁は二審判決どおり、訳者にも10万円の罰金刑を科した。しかしその後まもなく、アメリカ(1959)、イギリス(1960)、旧西ドイツ(1961)で完本と完訳の出版が可能になった。[羽矢謙一]
『『チャタレイ夫人の恋人』(羽矢謙一訳・講談社文庫/伊藤整訳・新潮文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チャタレイ夫人の恋人の関連キーワードクレアが死んでいるlady chapel《Lady Day》lady desklady fernlady's eardrop《Lady's Magazine》lady's mantle《Lady's Monthly Museum》lady's-tresses

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

チャタレイ夫人の恋人の関連情報