コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャプイギン チャプイギン Chapygin, Aleksei Pavlovich

2件 の用語解説(チャプイギンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャプイギン
チャプイギン
Chapygin, Aleksei Pavlovich

[生]1870.10.17.
[没]1937.10.21. レニングラード
ソ連の小説家。農家に生れたが,1904年から 11年にかけて,都会に生きる貧しい人々の生活を描いた短編を発表。長編『白い僧院』 Belyi skit (1912) ,中編『白鳥の湖にて』 Na lebyazh'ikh ozërakh (16執筆,22刊) などで文壇に認められた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チャプイギン
ちゃぷいぎん
Алексей Павлович Чапыгин Aleksey Pavlovich Chapgin
(1870―1937)

ロシアの小説家。農家に生まれた。コロレンコとガーリン・ミハイロフスキーの影響を受け、独学でナロードニキ作家として出発し、のちにレーミゾフらとともに新写実派を形成した。農村の貧しい生活をヒューマニスティックかつ写実的に描いた『白い僧院』(1913)、『白鳥の湖にて』(1916)を発表して作家生活に入る。革命後、ツァーリズムの圧迫に抗する17世紀コサックの農民蜂起(ほうき)を主題とした長編『ステパン・ラージン』(1926~27)が代表作。[水野忠夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チャプイギンの関連キーワード日野西資博階乗N没・歿勃・歿・没バベル=17N末端残基アルトゥイン・ハンDiaz de la Peña,N.

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone