コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャマダラセセリ Pyrgus maculatus

2件 の用語解説(チャマダラセセリの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

チャマダラセセリ【Pyrgus maculatus】

鱗翅目セセリチョウ科の昆虫。小型種で開張2.5~3cm。地色は暗褐色,細かい白点を散布することにその名の由来がある。ミャンマー,中国北部,アムール地方,朝鮮半島を経て日本まで分布し,北海道,本州,四国の山地に見られるが,分布は狭く限られている。年2回発生し,春型は4月下旬~5月中旬,夏型は7月下旬~8月中旬ころに羽化する。夏型は春型に比べて大型で,それぞれの白点が小さくなる。乾燥した草原にすみ,とくに火山のすそ野などに多く見られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チャマダラセセリ
ちゃまだらせせり / 茶斑
[学]Pyrgus maculatus

昆虫綱鱗翅(りんし)目セセリチョウ科に属するチョウ。北海道、本州、四国に分布するが、その産地は局部的。国外では朝鮮半島、アムール川流域、中国に分布する。北海道あたりの寒冷地では年1回の発生(5~6月)、温暖な四国の産地では年三化で、本州の産地では年二化が普通。日当りのよい草地に多く、地表低くすばやく飛び、草花や獣糞(じゅうふん)などにくる。また、裸出した地面や枯れ葉などに好んで止まる習性があるが、止まる場合にはチャマダラセセリ亜科の通性としてはねを水平に開く。幼虫の食草はバラ科のキジムシロ、ミツバツチグリなど。蛹(さなぎ)の状態で冬を越す。[白水 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

チャマダラセセリの関連情報