チュキカマタ銅山(読み)ちゅきかまたどうざん(英語表記)Chuquicamata

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チリ北部、アントファガスタ市の北東200キロメートルに位置する世界有数の銅山。アンデス山脈の標高2000メートル以上の所にあって、鉱山都市を形成する。アジェンデ政権下で国有化された(チリ銅公団が経営)。鉱床は長さ南北約3.2キロメートル、幅約1キロメートル。斑岩(はんがん)の割れ目に沿った梨(なし)状をなし、典型的斑岩銅鉱床で、黄銅鉱、斑銅鉱、四面銅鉱、閃(せん)亜鉛鉱、輝水鉛鉱などを含む。埋蔵鉱量は銅品位2.5%で約1億トン、1925年以降開発され、大規模露天掘りで掘削日量25万トン、粗鉱量5万トン、鉱石は選鉱し、山元で製錬している。

[房村信雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android