コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チュートン Teuton

翻訳|Teuton

デジタル大辞泉の解説

チュートン(Teuton)

古代、ユトランド半島に住んでいたゲルマン民族の一部族。前2世紀、キンブリ人とともに南下して、ローマの将軍マリウスに撃滅された。現在は、ヨーロッパのドイツ人をはじめゲルマン系諸民族・言語の称。テウトニ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

チュートン【Teuton】

紀元前二世紀末にイタリア侵入を企てたゲルマン民族の一派。
ゲルマン民族。広義には、ゲルマン系の諸民族をいう。テウトニ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

チュートンの関連キーワードマルボルクのドイツ騎士団の城テオロギア・ゲルマニカシンチュー(新竹)市シンチュー(新竹)県アングロ・サクソン人シェンケーウィチフロンティア学説中世都市トルニビドゴシュチグルジョンツマルボルク城ドイツ騎士団ゲルマン人騎士修道会テウトニ族マルボルクオーディンテウトニ人ハネムーン森(もり)

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android