コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チューバク Chūbak, Ṣādeq

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チューバク
Chūbak, Ṣādeq

[生]1916.8.5. イラン,ブーシャハル
[没]1998.7.3. アメリカ合衆国,カリフォルニア,バークリー
イランの作家。 1937年テヘランのアメリカ系大学を卒業後教職につき,その後軍の英語通訳官を勤めた。 1949~74年イラン国営石油会社で図書館司書として勤めながら執筆活動を続けた。イランの作家サーデク・ヒダーヤトの影響を強く受ける一方,ウィリアム・フォークナー,アーネスト・ヘミングウェーなどの影響も受けた。社会問題をテーマに俗語を駆使して短編,長編小説を執筆,20世紀のイランを代表する作家の一人となった。代表作に短編集『人形芝居』 Kheime shab-bāzī (1945) ,『主人に死なれた猿』 Antarīke lūtīyash morde būd (1949) ,長編『タングスィール』 Tangesīr (1963) ,『忍耐の石』 Sang-e ṣabūr (1966) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チューバク
ちゅーばく
Sdeq Chbak
(1916―1998)

イランの小説家。ブーシャハルに生まれる。テヘランでアメリカ系学校に学ぶ。サーデク・ヘダーヤトの影響を受け、1945年最初の短編集『人形芝居』で文壇に登場、巧妙な俗語の駆使と独創性で知られる。ほかに短編集『主人が死んだ猿』(1950)、『墓場の最初の日』(1965)、長編小説『タングスィール』(1963)、『忍耐の石』(1966)など。[黒柳恒男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

チューバクの関連キーワード第一次世界大戦史(年表)チャップリンセネットイースター蜂起牧野省三アロー号ブロッホフランツ・ヨーゼフ1世アポリネール戦車

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android