チューブワーム(英語表記)tube worm

デジタル大辞泉の解説

チューブ‐ワーム(tube worm)

有鬚(ゆうしゅ)動物の巨大種の英名。1977~79年にアメリカが行ったガラパゴス地溝帯の調査の折、水深2450~2500メートルの深海底から採集されたもので、体長約1.5メートル、体幅約4センチ。学名リフティア‐パキプティラ(Riftia pachyptila)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チューブワーム
ちゅーぶわーむ
tube worm

海洋動物で、石灰質・膜質やキチン質などの棲管(せいかん)をつくってその中にすむ種類をいう。多毛類のカンザシゴカイ、ツバサゴカイ、ケヤリなどの有鬚(ゆうしゅ)動物が含まれる。1977年アメリカの潜水調査船アルビン号が、ガラパゴス諸島近海の水深2500メートルの熱水噴出孔から得た特異な有鬚動物をgiant tube wormsとよび、世界の注目を浴びている。[今島 実]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android