コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チューブワーム tube worm

デジタル大辞泉の解説

チューブ‐ワーム(tube worm)

有鬚(ゆうしゅ)動物の巨大種の英名。1977~79年にアメリカが行ったガラパゴス地溝帯の調査の折、水深2450~2500メートルの深海底から採集されたもので、体長約1.5メートル、体幅約4センチ。学名リフティア‐パキプティラ(Riftia pachyptila)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チューブワーム
ちゅーぶわーむ
tube worm

海洋動物で、石灰質・膜質やキチン質などの棲管(せいかん)をつくってその中にすむ種類をいう。多毛類のカンザシゴカイ、ツバサゴカイ、ケヤリなどの有鬚(ゆうしゅ)動物が含まれる。1977年アメリカの潜水調査船アルビン号が、ガラパゴス諸島近海の水深2500メートルの熱水噴出孔から得た特異な有鬚動物をgiant tube wormsとよび、世界の注目を浴びている。[今島 実]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

チューブワームの関連キーワードブラックスモーカー化学合成生物群集深海底生物群集海洋資源

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android