コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チョウマメ チョウマメ Clitoria ternatea

3件 の用語解説(チョウマメの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チョウマメ
チョウマメ
Clitoria ternatea

マメ科の一年生のつる植物で,熱帯アジア原産。コチョウマメともいう。茎は初め直立し,軟毛が多く,上部にいたってつるとなり,長さは 5mくらいにまで達する。葉は奇数羽状複葉で2~4対の楕円形の小葉から成る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

チョウマメ

東南アジア原産のマメ科のつる性の多年草。観賞用に春まき一年草として栽培される。小葉5〜9個の奇数羽状複葉。ほとんど無柄で青色の蝶(ちょう)形花が葉腋に1個ずつつく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

チョウマメ【butterfly pea】

マメ科のつる性植物。インドから東南アジア熱帯域に広く分布する。日本では主として観賞鉢物として栽培される。茎はつる状で細長く伸び,微毛があって,他物に巻きついて育つ。葉は卵形の小葉を5~7枚もつ奇数羽状複葉で,小托葉がある。夏から秋へかけて,長さ3cm前後の鮮やかな青色の蝶形花を単生し,旗弁に美しい模様が入る。花後,扁平な豆果をならせ,未熟のものは野菜として,ときに食用にされることもある。一般には一重咲きの青色花を観賞するが,白色花の品種や八重咲品種もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

チョウマメの関連キーワードアジアゾウインジゴ東南アジア東南アジア条約機構アジア象鉄刀木南アジア語族ナタマメデイゴフジマメ(藤豆∥鵲豆)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

チョウマメの関連情報