チョップ[chop](読み)チョップ

音楽用語ダス「チョップ[chop]」の解説

チョップ[chop]

ギターのフィンガー・テクニックのひとつ。弾きたい音の前にミュート音によるアクセントを付けることによって、弾きたい音を強調する奏法。たとえば、2弦の1フレットを強調したい場合、3弦の2フレットと4弦の3フレットをミュートし、実音が出ないように押さえる。そして4弦からに2弦に向かって弾く。すると”トゥトゥ”という感じで音が出て、”ラ”の所で出る実音が強調される。

出典 (株)ヤマハミュージックメディア音楽用語ダスについて 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android