コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チョロン Cho Lon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チョロン
Cho Lon

ショロンとも呼ばれるが,これはフランス語読み。ホーチミン市一部をなす区域。市街地区の西部を占め,おもに中国系住民が住む。 1778年中国人移民によって築かれた町で,18世紀末のタイソン党の乱で一部焼失したが,19世紀初頭から発展。フランス植民地時代の 1932年サイゴンと合併した。チョロンはベトナム語で「大きな市場」の意で,メコン川デルタに産する米と魚の取引中心地として栄えたが,76年南北ベトナム統一後は中国系住民の流出が続き,町はやや活気を失った。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のチョロンの言及

【ホー・チ・ミン[市]】より

…18世紀末にはのちのザロン(嘉隆)帝がフランス人に委嘱して城塞をつくった。また当時清朝の支配を逃れて中国からこの地方に移住する人が多く,南西に隣接するチョロン(ショロン)はその結果,1778年に建設された中国人の町であった。19世紀中ごろからフランスのインドシナ侵略の焦点となり,1862年コーチシナ植民地の主都となった。…

※「チョロン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

チョロンの関連キーワードホー・チ・ミン(ベトナム南部の特別市)レ・ホン・フォングエン・フー・トサータイ市場アンドン市場陸雲僊伝朝鮮

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

チョロンの関連情報