コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チリモ(塵藻) チリモDesmidium

2件 の用語解説(チリモ(塵藻)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チリモ(塵藻)
チリモ
Desmidium

緑藻類接合藻類ツヅミモ科。淡水産の微小の藻類。細胞のひとつひとつはツヅミモ (鼓藻) などと同様,上下の2半球からできているが,多数強靭な連鎖糸となって浮遊生活をしている。日本では数種が知られている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チリモ【チリモ(塵藻) desmid】

細胞が鎖状に連結してできた糸状群体性の接合藻の1属で,体は分枝がなく,らせん状にねじれ,周囲は厚い寒天状物質でおおわれる。個々の細胞は,縦より横幅の広い三角柱または四角柱状で,中央に湾部と呼ぶ浅いくびれをもつ。無性生殖は湾部を通る二分裂による。有性生殖では,接近した2個の糸状体の各細胞からのびて連結した接合管に,細胞内容が移動して接合が行われるチリモ属は広く淡水に生育し,日本では5種が知られる。この属を基本属とするチリモ科Desmidiaceaeは,単細胞または群体性糸状体で,細胞壁は2層またはそれ以上からなり,細かい小孔をもち,外表に種々の模様をもつことで特徴づけられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone