チロエの教会群(読み)チロエのきょうかいぐん

世界遺産詳解の解説

チロエのきょうかいぐん【チロエの教会群】

2000年に登録されたチリの世界遺産(文化遺産)。パタゴニアのチロエ島にある教会群で、17~18世紀にイエズス会の教会として建設された木造建築である。現在、50~60棟が残っている。先住民とヨーロッパの文化が影響し合って特有の雰囲気を生みだしている。地元の木材を使用し、シンプルな造りであることが特徴。2つの文化が融合したチロエ島周辺の特徴ある建築様式が評価され、カストロ聖堂を始めとする14の聖堂が世界遺産に登録された。◇英名はChurches of Chiloé

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android