コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チワン語 チワンごChuang

世界大百科事典 第2版の解説

チワンご【チワン語 Chuang】

タイ諸語の一つで中国西南部に分布するチワン(壮)族の言語。チュアン語ともいう。使用人口約770万,大部分広西チワン族自治区に住む。貴州省のプイ(布依)語,海南島のリー(黎)語とともにタイ諸語の北群を形成する。音韻の特徴として,(1)有気音を欠く(ただし南チワンの一部で保存),(2)タイ祖語の軟口蓋摩擦音と破裂音を区別する,(3)祖語の無声のrを保存することなどがあげられる。文法と単語の面では中国語の影響がみられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のチワン語の言及

【チワン族(壮族)】より

…それゆえ文化面から見れば,チワン族の文化は漢文化の影響を深く受けている。チワン語はチベット語系チワン・トン語族チワン・タイ語支に属し,南北の二大方言に分かれる。南宋代に漢字をもとに独自の文字がつくられたが,使用範囲はせまく,漢文が多く用いられた。…

※「チワン語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

チワン語の関連キーワードパイソー(百色)市プイ族(布依族)百色

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android