コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広東語 カントンゴ

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

広東語

広東省の大部分と広西チワン族自治区の東南部、香港、マカオ、広東出身の華僑華人が住む地域で使われている。古代漢語を起源に、唐代に広東語として成熟、宋代に基本的に独立した。特徴は(1)使用地域が世界に広がっている(2)古代の発音、文字が残っていることなど。中国語には広東語のほか、北方、上海、湖南、江西客家福建北部、福建南部の各主要方言がある。

(2006-01-30 朝日新聞 夕刊 3総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カントンご【広東語】

中国語方言群の一つで,広東省広州市や香港の標準方言に代表される。別名粤(えつ)語。広州のある珠江三角州から西江流域を中心に省南西部および広西南東部一帯に分布し,使用人口は推定4700万人。また東南アジアや北米〈華僑〉の間でも有力な方言である。その特徴は,一般に中古(隋・唐)の漢字音体系をよく保存している。たとえば広東語標準方言は,(1)北京語にない‐p,‐t,‐k破裂音尾(入声)の音節を残し,(2)‐nに加えて‐m尾(咸,深摂)があり,(3)九声と言われる声調(音韻的には6種)が歴史音韻の〈四声陰陽〉の分類とよく対応する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

カントンご【広東語】

シナ-チベット諸語に属する中国語の一方言。広東省・広西チワン族自治区の一部のほか、ホンコン・マカオで使用。粤語えつご

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の広東語の言及

【中国語】より

…ただしこの(3)の例に見える〈先〉が,例えば広東方言では〈私は先に行く〉が〈我去先〉のように,共通語などの〈我先去〉という語順と異なる。しかしこうした例を取ってただちに広東語では修飾語が先,被修飾語が後という語順の大原則に外れるものがあるというのは正しいといえない。 広東語のこの〈先〉には,語気詞的な感じがかなり強く伴っていて,それがたとえば〈去〉という動詞の表そうとする内容を限定するものとしてその後に立つというのではなく,むしろ〈我去〉という主表現の全体に対してそれを限定する関係にあるのだと見ることも,必ずしも不可能ではないからである。…

※「広東語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

広東語の関連キーワードテン(Teresa Teng)DEANFUJIOKAディーン・フジオカエディソン チャンシャドウ・リュウChrissieチェン ボーリンヤムチャ(飲茶)イーソン・チャンジョージー・ホーピーター ホーチワン(壮)語カリーナ ラムサンディ ラムハッカ(客家)ワン リーホンリン チーリンPaceWuジョン・ウーカレン モク

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

広東語の関連情報